野菜のカルパッチョ仕立て
本日は、野菜のカルパッチョ仕立てのご紹介です。

a0083871_2104427.jpg
ニンジン、ヤーコン、赤カブ、紅芯大根、ビタミン大根、黒大根、聖護院大根等、大根を中心とする色々な根野菜をスライスしてバジルソースをかけた、いたってシンプルなメニューですが、彩りきれいな珍しい野菜達各々の歯ごたえと味が楽しめる人気の一品です。

最近、各地の農家での白菜・大根・ピーマン・キャベツ等の大量廃棄がニュースになっておりますが、漬物等に加工して何とか捨て無いようにできない物なのだろうか?と考えてしまいます。
キャベツを廃棄した農家の人が『3ヶ月かけて作ったものが(トラクターでつぶしたら)20分で処分できた』と何とも悲しいコメントをしてたのが印象的でした。

ケニア出身の環境保護活動家のワンガリ・マータイさんという女性が日本語の『もったいない』という言葉を世界の共通語として拡げようと活動していますが、この現状はまさに『もったいなーい』です。

先週の土曜のラジオ番組内で『戦後の日本で、大根1本が命をつないでいた時代があったというのに、あんなふうに野菜が捨てられてるのを見て何も思わない日本人は間違っている』と野坂昭如氏のコメントが紹介されておりました。

先日もこのブログ内で書きましたが、当事者である我々日本国民ができる事といえば、今取れすぎている野菜をたくさん食する事です。(今廃棄している大根・白菜・キャベツも年末年始には供給減により高騰するかもしれませんし・・・)
お肉を控えて野菜の摂取量を増やせば、体重も家計の負担も軽くなって一石二鳥です。

当店でもこの時期、いつも以上に野菜をたっぷり使ったメニューをご提供してまいります。
[PR]
by n-buono | 2006-12-08 23:09 | お薦めメニュー!! | Comments(0)
<< 本日12/11(月)のランチは... 『暖冬注意報!』冬野菜を食べる... >>