黒大根・・・・
a0083871_171499.jpg
写真はヨーロッパ原産の黒大根です。(生産者は青葉区の農家さんです)
別に畑の土がついたままなわけではないんです、洗っても黒いんです。
でも黒いのは皮だけで中は白いんです。

日本では大根といえば白ですが、ヨーロッパでは黒なのだそうです。
大きさは日本の青首大根と比べると小さめで、細長い品種のほかにカブのような丸い品種もあります。
a0083871_163811.jpg
日本の大根よりも固くて甘味も少ないので、生食よりは煮込みなどの加熱料理に向いています。大根おろしには向きません。

当店では、只今の季節メニュー『温野菜のサラダ』のほか、せっかくなので生の黒大根の味をお楽しみいただく為にバーニャカウダでもご提供しております。

追伸、

今は昔・・・、当事ビックだったトシちゃん(三船敏郎・・・?じゃないですよ、田原俊彦です!)の 『ニンジン娘』 という曲の中で  ♪ 白けりゃ大根…、黒けりゃゴボウ…、緑色ならピーマンさ~ ♪  という歌詞がありましたが…

   下の写真は左から『黒大根』、ほんのり紅い『紅しぐれ大根』、緑色の『ビタミン大根』
a0083871_114524.jpg
今や白くても黒くても緑でも赤でも「大根」の時代になったわけです・・・・。
そしてビックだったトシちゃんは・・・・・(泣)。

そんなことを想っていたら先日、真っ赤な『ニンジン娘』ならぬ真っ黒なダイコン息子を見つけました。↓
a0083871_1152774.jpg
失礼しました・・・・。
[PR]
by n-buono | 2009-01-18 11:01 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
<< 『ウカ~ル』 vs 『激落ち君』 霜が冬野菜を美味くする >>