カテゴリ:お薦めメニュー!!( 69 )
♣ 筍のカポナータ ♧
ここ2週間続けて火曜日にまとまった雨が降ったおかげで、(火曜日が休みの私には憂鬱な雨ですが)畑の野菜たちには恵の雨となり、特にタケノコは雨が降った後はまさに“雨後のタケノコ”で、ボコボコ、グングン成長します。
(それでも生り年だった去年に比べると、今年はちょっとタケノコの収穫量が少ないと、近隣の農家さんの多くが言っておりますが・・・)

港北区の飯嶌ファームを始め、地元の農家さんより仕入れたその日の朝採りの筍を、その日のうちに調理します。

筍は掘ったその日なら、生食できるほど“アク”が少ないため、糠などでアク抜きしなくてもそのまま茹でただけで、エグミもほとんどなく美味しく頂けます。

筍というとあまりイタリア料理のイメージではないと思われますが、トマトやバジルともとても相性が良いんです!
a0083871_10252996.jpg


当店では『筍のカポナータ』として前菜メニューとしてご提供しております。
旬のタケノコを使ったイタリアメニュー、是非、お試し下さい!
[PR]
by n-buono | 2009-04-23 08:21 | お薦めメニュー!! | Comments(0)
イチゴ農家のティラミス
只今、季節限定でご提供しているイチゴ農家のティラミスです。
a0083871_10341695.jpg
地元青葉区や港北区のイチゴ農家より直接仕入れる完熟イチゴをソースに使用した、春限定の横浜イチゴのティラミスです。
a0083871_2204634.jpg
a0083871_222596.jpg

只今は独特の香りが印象的な『アイベリー』↑と甘味に優れて人気の『紅ほっぺ』↓の2種類のイチゴをブレンドしています。
a0083871_24723.jpg
a0083871_2473617.jpg

樹で熟した朝獲りイチゴをその日のうちにソースにしているので、イチゴの芳醇な香りと味が全く違います!
a0083871_9363119.jpg
a0083871_222329.jpg
まさに"イチゴ一会”の旬のドルチェです!
ぜひ一度、ご賞味くださいませ。


追伸
昨日のWBCの日韓戦、またか・・・・・と残念でした。
啓蟄も過ぎて虫も人間も活動し始める、暖かな季節になりました。
スポーツ界もWBC、センバツ甲子園、プロ野球、Jリーグ・・・と盛りだくさんで、あっちもこっちも気になる身としては、忙しい日々を迎えます。

ここ1~2週間、日本人が注目し嘆くのは、
『世界のイチロー <イチロー・オブ・ザ・ワールド> 』の不振・・・
『政界の一郎 <イチロー・オザワ> 』の不信・・・・
といったところでしょうか・・・

今日の注目は何といってもWBCのキューバ戦ですが、私個人としてはもう一つ、
大相撲の朝青龍と豪栄道の一番、豪栄道の大金星なるか!・・・気になります。
加えて・・・『ウガンダ・トラ』ばりの動きの速い巨漢、山本山の活躍(&お肌の荒れ)も気になります・・・・

[PR]
by n-buono | 2009-03-19 08:33 | お薦めメニュー!! | Comments(0)
♡♥♡  ビーツのサラダ ♡♥♡
今朝は一週間ぶりに晴れました。
a0083871_12593.jpg
朝、仕入れに行く途中の畑からは満開の梅の花の間から久しぶりのフジヤマを拝むことができました。

ちなみに下の写真は2月上旬の同じ場所からの富士山です。
梅は蕾でした。
a0083871_132489.jpg


そしてこの間節分の豆まきだったのに、気づけばもうひな祭り・・・・。
a0083871_155662.jpg
先週、藤が丘の徳江農園さんから頂いた桃の花もひな祭り前に咲いています。
a0083871_152888.jpg
数年前まではこの辺りでは、桃の花の開化は3月中旬過ぎだったのでひな祭りには間に合わないものだったのですが、温暖化で1ヶ月近く開花が早くなり、3月3日に咲くようになってしまいました。
嬉しいというよりも、怖いですね。


a0083871_163823.jpg

そして、写真は3色のビーツにリコッタチーズを添えた『ビーツのサラダ』です。
雛あられに負けず、カラフルで奇麗ですよ。
a0083871_17697.jpg

只今ディナーメニューでご提供しております。
先日も書いたように“花粉症にも効く”と言われているビーツです。
ダークレッド、ピンク、イエローの3色のビーツのそれぞれの微妙な味の違いをお楽しみください。
[PR]
by n-buono | 2009-03-02 16:00 | お薦めメニュー!! | Comments(0)
ノヴェッロ解禁!!
本日イタリアワインの新酒ノヴェッロが解禁となりました。

イタリアのノヴェッロは新酒とはいえ、しっかりとした味わいに仕上げられている為、イベント性だけでなく普通のワイン同様に楽しめることから、近年は軽い飲み口のフランスの新酒ボージョレー・ヌーヴォーよりもイタリア・ノヴェッロを愛飲される方が増えているようです。
a0083871_1453827.jpg
当店では今年、イタリア北部のロンバルディア州、中部のマルケ州、南部のプーリア州より合計3種類のノヴェッロをご用意いたしております。

ワインの美味しいこれからの季節、当店のお料理と共に美味しいノヴェッロを是非お楽しみ下さい!
[PR]
by n-buono | 2008-11-06 15:45 | お薦めメニュー!! | Comments(0)
トリッパ
a0083871_18411425.jpg
写真は只今のお薦めディナーメニュー、『トリッパとガルバンゾーのトマト煮』です。

トリッパは4つある牛の胃のうちの第2番目の胃袋で、日本では焼肉屋さんのホルモンメニュー
『ハチの巣』という名前でお馴染みのものです。
(ちなみに第1胃はミノ、第2胃がハチの巣=トリッパ、第3胃はセンマイ、第4胃はギアラ・・・う~ん書いていたら焼肉食べたくなってきた・・・)

イタリアでは昼間から路上の屋台で売られていて、紙に包んだり、パンに挟んでパニーニにしたりして歩きながら食べるようです。
写真
a0083871_18413758.jpg
日本の焼き鳥のような感覚なのでしょうか・・・。

当店ではこのトリッパをフィレンツェ風にガルバンゾー(ひよこ豆)と一緒にトマトで煮込みアンティパストとしてご提供しております。
軟らかくも“コリッ”とした食感が特徴で、ファンの多い人気メニューです。
ワインの美味しいこの季節、特にちょっとしっかり目の赤ワインのお供にオススメです。

当店にお越しの際はくれぐれも“トリッパくれ、食いっぱくれ”の無いようにご注文下さいませ・・・。
[PR]
by n-buono | 2008-10-30 17:37 | お薦めメニュー!! | Comments(0)
♥ 赤と紫のジャガイモのミルフィーユ ♥
今日は只今ランチ&ディナーの前菜でご提供している二色のジャガイモのミルフィーユ仕立てのご紹介です。
a0083871_037288.jpg
a0083871_1312650.jpg
こちらのメニューは以前にもこのブログでご紹介した、「シャドークイーン」、「ノーザンルビー」、「キタムラサキ」、「アンデスレッド」といった地元産の紫色や赤色の珍しい種類のジャガイモ3~4種類を薄~くスライスして生クリームなどと絡めながら10層程度に重ね、燻製のスカモルツァチーズをのせてオーブン焼きにした一品です。
a0083871_23385937.jpg
見た目は赤ワインで煮たお肉のように見えるので、テーブルにご提供するとほとんどの方が肉料理が出てきたと思われるようです。

お味の方もジャガイモの持つやさしい甘味が良いと、ご好評を頂いております。
収穫した紫や赤いジャガイモの在庫が終わるまで(あとわずか)の期間限定メニューですので是非、ご賞味下さいませ。

♧♣♧ ジャガイモ豆知識 ♧♣♧ ↓
ジャガイモにはミカンと同じ位のビタミンCが含まれているのですが、普通なら加熱すると失われてしまうビタミンCが、ジャガイモの場合は豊富なデンプンに包まれている為、70%も残るのだそうです。
ジャガイモのデンプンは、加熱してもビタミンCを摂取できるようにする為の影の功労者だったんですね。

紫色のジャガイモには、ナスにも含まれている『アントシアニン』という色素が含まれていて、疲労回復に効果があると言われています。
このアントシアニンによる紫色は、高温で短時間に調理する方が色落ちしないようなので、ナスと同様に、揚げ物やオーブン料理に向いているようです。


またジャガイモは、作物の栽培が困難な荒れた土地や寒い土地でも育つ事から、原産地のアンデスを始め、そんな土地に暮らす人々にとっては加熱してもビタミンを摂れる“命の糧”となっている訳なのです。
[PR]
by n-buono | 2008-08-06 22:34 | お薦めメニュー!! | Comments(2)
モンサンミッシェル産コッツェ
本日は只今ご提供中の季節限定ディナーメニュー『モンサンミッシェル産コッツェの白ワイン蒸し』のご紹介です。(※入荷状況によって欠品の場合がございますのでご了承下さい)
a0083871_1235723.jpg
世界遺産としても有名な仏・モンサンミッシェル湾は潮の干満の差が15m以上もあり、その厳しい環境下で育つコッツェ(ムール貝)は、干潮時に海中から出ている時間が長い為に、旨みの素となる栄養価を蓄える能力が高く、小ぶりながらも味が凝縮されて世界で最も美味しいコッツェだと言われています。

そう云えば、トマトなどの果菜類も水をたくさん与えるよりも、枯れるギリギリ位まで与えない方が糖度が増して美味しくなるのですが、それに似ていますね。

温室でぬくぬく育つよりも、自然界の厳しい環境で雨風に打たれたり踏まれたりして鍛えられた方が強くたくましく育ち、“味が出る”と云う事では、野菜も魚介類も人間も同じなんですね。

世界最高のコッツェ・・・、「地球に生まれて・・・ヨカッターーーーーーーーーー!」

口から鼻に抜けるような“織田裕二の叫び声・・・”ではなくて“モンサンミッシェル産コッツェ”の芳醇な風味と味わいを、ぜひお試し下さい。
[PR]
by n-buono | 2008-07-17 11:28 | お薦めメニュー!! | Comments(0)
☆ 完熟トマトの冷製パスタ ☆
梅雨明けしたかのような暑い日が続き、地元農家の畑でもトマトの収穫量が多くなって参りました。
私もこの所毎日のように提携農家からパスタに使用するトマト数種類とバジルを仕入れております。
a0083871_003390.jpg
今年も全提携農家を合わせると、ミニトマトを含めて20種類ほどにも及ぶ色々な種類のトマトが収穫できそうです。
a0083871_021696.jpg
暑い夏を迎え、まずはランチタイムにて、毎年人気の『地元農家の完熟トマトを使った冷製パスタ』を始めました。
ディナータイムのメニューにはまだ載せておりませんが、ご用意できますのでご希望の方はお気軽にスタッフへお申し付け下さいませ。

今年もナチュラーレ・ボーノでしか味わえない、樹で完熟した赤や黄色や緑などの数種類のトマトを使ったパスタをどうぞご堪能下さい!
a0083871_03571.jpg

[PR]
by n-buono | 2008-07-06 10:45 | お薦めメニュー!! | Comments(0)
『タルト・タタン』
本日はドルチェの新メニュー『タルト・タタン』のご紹介です。

ご存知の方も多いと思いますが、この『タルト・タタン』は19世紀後半頃、フランスに実在したタタン姉妹の微笑ましい失敗のエピソードにより誕生したタルトです。
a0083871_1351926.jpg
タタン姉妹はフランスで小さなホテル「タタン」を経営していました。 (この“HOTEL TATIN”~オテル・タタン~ はタタン姉妹没後も引き継がれ、現在も営業しているそうです。)

ある日、ホテルで調理を担当していた姉がリンゴのタルトを作ろうとした時に、型の底にタルト生地を敷いてその上にリンゴを並べるところを、生地を敷かずに砂糖をまぶしたリンゴだけを型に入れて焼いてしまいました。
途中でミスに気付き、ダメもとで後からタルト生地をリンゴの上に乗せて焼き、出来上がったタルトをひっくり返してみたら、型底にたまった砂糖が香ばしいカラメル状になり、リンゴに染み込んで期せずしてとっても美味しいタルトになった。というお話です。(細かい部分は諸説色々あるようですが・・・)
a0083871_17293467.jpg
それ以来このタルトは 『タルト・タタン』 と呼ばれ、後にあのパリの名店『マキシム』でも提供され、フランス国内はもとより世界中に知られるタルトになったという訳です。
a0083871_17334635.jpg
当店の厨房にも、失敗して先輩からよく叱られている『ハタタン?』というのがおります(小さいので人形ではうずらのキャラとなっております)が、彼女の日々の失敗がいつか偉大なヒット商品に化ける事を願って止まない今日この頃です・・・・。
[PR]
by n-buono | 2008-01-27 22:35 | お薦めメニュー!! | Comments(0)
Xmas ディナー・コース
Xmas ディナー・コース ~12/22(土)~24(月)限定~
  ご予約受付中!!
a0083871_1627173.jpg
  
 ~今年は色とりどりの9種類のアンティパストを
            お楽しみ頂けるコースをご用意致しました。~



     ★Antipast mist nove(前菜9種盛合わせ)
     ★Pasta e Risso(パスタ又はリゾット)
     ★Insalata(サラダ)
     ★Pesce(魚料理)
     ★Carne(肉料理)
     ★Dolce mist (デザート盛合せ)
     ★Cafe e Te (コーヒー・紅茶)
 



                               お一人様 ¥6,500 (税込)


       ☆★☆ 忘年会・新年会のご予約も承ります!☆★☆ 
[PR]
by n-buono | 2007-12-08 16:28 | お薦めメニュー!! | Comments(0)