<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
キッザニア田園都市!!
青葉区周辺の田んぼでは、今ちょうど田植えの時期をむかえており、毎日色々な所で田植えをしている光景を見かけます。これぞまさしく田園都市の風景ですよね。
a0083871_17332012.jpg
今ではほとんどの田植えは機械で行われているため、時々、手で田植えをしている光景を見ると、何だかとても懐かしいような、尊いような、美しい光景に感じます。
a0083871_17392399.jpg
昨日も藤が丘の近くの田んぼで、地元の小学生たちが課外授業で田植えをしていました。
a0083871_17401643.jpg
子供たちは靴を脱ぎ、靴下のまま田んぼに入り、農家の人に指導されながら一つ一つ苗を植えていました。 何だかとても良い光景でした。
a0083871_17405469.jpg
稲がきちんと真っ直ぐな列になるように、皆が横一列に長いロープを持ち、後ろにさがりながら植えていたのを見て、「なるほど、そうやれば機械じゃなくてもきれいに田植えができるんだ!」とひとりで納得してたのですが・・・
今朝、植え終わった後の田んぼを見たら、子供たちが植えた所だけがしっかりと曲がりくねっていて、分かりやすかったので、ちょっと笑えました。
(写真の中で上側が機械、下側が子供たちの植えた苗↓)
a0083871_11325485.jpg
秋には自分達が植えた稲を収穫してお米を食べたり、その藁で“わらじ”を編んだりするとの事ですが、知育・徳育・体育・食育の全てを修得できる農業は子供にとって、最良の教育だと思います。
今、流行のキッザニア東京もいいけど、私はキッザニア田園都市・農業をオススメします。

かく言う私はこんな事を書いておきながら、子供の頃の田んぼの思い出と言えば、ザリガニやオタマジャクシ(゜゜)~を獲るために田んぼに入って、おじさんに怒られた事だったり、小学3年生の時の通信簿のコメント欄には「お百姓さんの仕事が天気と深く関わっている事を理解できないようです」と書かれて、親が「この子は頭弱いのだろうか?」と不安がって原因をつきとめたら、私は『お百姓さん=お侍さん』と誤解していた、という事を思い出しました。 
我ながら、お恥ずかしいっ!(^^ゞ

そんなこんなで、今になって遅れを取り戻すべく、日々理科・社会の勉強中なワケです。
[PR]
by n-buono | 2007-05-25 17:46 | 店長のひとりごと | Comments(0)
花ズッキーニのフリット
今朝も花ズッキーニを求めて、小松ファームさんの畑に行ってきました。
ここ数日、からっとした晴天が続いてたこともあり、ズッキーニもスクスクと成長してました。
a0083871_1821677.jpg
カゴいっぱいのズッキーニ&花ズッキーニ(花の状態で収穫しなければその後に普通のズッキーニとなります。)↓
a0083871_18253595.jpg
当店では、この花の中にモッツァレラチーズとアンチョビを入れて花を閉じ、衣をつけてフリットにします。(花の部分が非常にデリケートな為、時々、中に具を詰めている時や、揚げている最中に破れてしまう事もあり、料理人泣かせな一品でもあります。)↓
a0083871_18265525.jpg
こちらが花ズッキーニのフリットです。食べると何ともいえない味と、軟らかくてサクサクとした食感で、1年でもこの短い時期にしか食べられない“旬のご馳走”です。↓
a0083871_1816083.jpg
ぜひ、ご堪能下さい!!
[PR]
by n-buono | 2007-05-24 17:30 | お薦めメニュー!! | Comments(0)
キターーー(゜∀゜)ーーー!!! 『花ズッキーニ』の季節!!
当店で毎年人気の『花ズッキーニ』の季節がやってきました。
a0083871_1562124.jpg
今朝、都筑区東方町の農家の畑へ入ってみると、例年より少し早く、小さいながらも花をつけたズッキーニが生っていました。
a0083871_1553210.jpg
『花ズッキーニ』はズッキーニの実が大きくなる前の、花のついている状態で早取りした物で、イタリアではポピュラーですが、日本ではあまり市場に出回らない、稀少な野菜なんです。
当店ではこの花の中にモッツァレラとアンチョビを詰めてフリットにする『花ズッキーニのフリット』が毎年人気のディナーメニューとなっております。
a0083871_1572056.jpg
ズッキーニの花は傷みやすいので収穫の際も気を遣い丁寧に扱われます↓
a0083871_158727.jpg
昨年、一昨年と湿度が高く、ズッキーニ自体の収穫量が少なかったのですが、今年は空梅雨が心配されているように、暖かく湿度も低い為、ズッキーニやトマト等の栽培には好条件のようです。

当店の季節メニューの中でもイチオシの一品ですので、是非、お試し下さい!!
※土日は売り切れも予想されるので、平日がオススメです!!
(ご予約も承ります)
[PR]
by n-buono | 2007-05-16 23:05 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
これがプロの 『トマトのていしょく』!?
昨日の朝、お店の営業前に緑区の農家、金子さんの畑へ寄ってみると、ちょうど『トマトのていしょく』の最中でした。

『トマトのていしょく』と耳にすると、まるで『トマトの定食!?』を食べている最中なのかと想像してしまいますが、定植=(ビニールハウス等で育てておいた)苗を畑に植える作業のことなのです。
ちょっと「東スポ」みたいな見出しにしてみました。(スミマセンっ!!)
a0083871_19233193.jpg
定植の作業としては、
 ★トマトの木を支える支柱を立てる。
 ★土の表面に、寒さや雨による泥跳ね(病気の原因になる)を防ぐ為の藁や「マルチ」と呼
   ばれるビニール製のシートを敷く。
 ★苗を植えこむための穴を開け、枝が風や果実の重みで折れないように1本1本、紐で
   支柱に括り付ける、といった内容になります。

定植の際に一番重要な事はそのタイミングで、定植直後は根がしっかり張っていない為、あまり暑い日が続くとマルチを敷いていることもあって、根が焼けたり、枯れてしまいます。
あまり暑くなく、定植の次の日にお湿り程度の雨が降るのが理想的なのだそうです。

今年も金子さんの畑では緑や黄色など、色んな種類のトマトを作って頂けるとの事で、当店では7月から常連様に毎年大人気の「緑のトマトの冷製パスタ」「黄色のトマトの冷製パスタ」が登場します。

常連様も未来の常連様もどうぞお楽しみに!!
[PR]
by n-buono | 2007-05-13 23:00 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
露地のいちごは今が旬!!
もはや、スーパーでは3月が全盛期かのようにハウス栽培のイチゴが売り場を賑わしておりましたが、露地物のイチゴの旬はまさに今、5月なんです。

当店の提携農家でも露地物を栽培されていますが、ハウス栽培のものと比べると、見た目も味もワイルドです。
a0083871_0511199.jpg

a0083871_0521326.jpg
※上の写真2枚は4月上旬頃撮影したもの。
まだ実がついてなく、朝露に濡れて少し寒そうでした。

※下の写真2枚は今週撮影したもの。ようやく収穫できる大きさになりました。
a0083871_0555610.jpg
a0083871_0535625.jpg

[PR]
by n-buono | 2007-05-10 22:35 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)