<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
花粉症に効く野菜? 『ビーツ』
本日は港北区小机の小金井農園さんより仕入れているビーツのご紹介です。ロシア料理のボルシチでお馴染みのビーツは、地中海沿岸地方原産で、ホウレンソウと同じアカザ科の植物、ビート(甜菜=テンサイ)の一種でサトウダイコンの変種です。
a0083871_2365963.jpg

一般的には濃い赤色が主流ですが写真のような薄い赤やオレンジもあるんです。

主にカブのような形をした、肥大した根を食用とします。
輪切りにすると円状に白く細い線があり、ショ糖を多く含んでおり、独特の甘味があります(やや土臭さもありますが)。
また、葉はフダンソウ(スイスチャード)とほぼ同種で、ほうれん草に似ていてクセも少なく、鉄分が多く含まれています。

ビーツは「食べる輸血」とも称され鉄分の他、ビタミンCや食物繊維、抗酸化物質を多く含み、貧血・便秘・美肌対策など・・・美容と健康に大活躍の野菜です。

そういえば、生産者の小金井さんは「最近ビーツを食べるようになってから、ひどかった花粉症アレルギーが軽くなった」とおっしゃっていました。
※注:感想はあくまでも個人のもので必ずしも効果を保証するものではありません。
(↑夜中のテレビショッピングをマネしてみました)

先日のニュースによると、花粉症に悩む社会人を対象に「花粉症が治るなら、いくらまで払えますか?」というアンケートを行なった所、平均で38万円という結果が出たそうですし、無花粉スギの植林など、花粉症対策費用に国が70億円を投じているそうなので、ビーツで花粉症が治るとなれば、ビックビジネスのチャンス!?
小金井さんと共同事業を立ち上げようかな・・・・・。

さて、只今当店ではビーツをランチの前菜やディナーのパスタに使用しておりますので、皆さんもビーツの効果を是非お試し下さい。(花粉の季節に毎日お越し頂いても38万円はかからないかと思われます・・・)
[PR]
by n-buono | 2008-03-28 22:45 | 旬の食材&畑だより | Comments(1)
プチヴェール
本日は、プチヴェールのご紹介です。
a0083871_49678.jpg

プチヴェールは青汁でお馴染みの健康野菜“ケール”と、“芽キャベツ”を掛け合わせた野菜で、栄養のバランスが良く、かつ栄養価が高いのが特徴で比較的新しく出てきた野菜です。
a0083871_410883.jpg
生り方はほとんど芽キャベツと一緒で、50センチ位の高さの茎に根元の方から団子のように茎にくっつくようにして実が付きます。結球しない芽キャベツといった感じです。枝のように伸びる大きな葉も栄養価が高く、青汁の原料になります。

↓参考までに芽キャベツの写真(2枚)です↓
a0083871_4111425.jpg
a0083871_413543.jpg

プチヴェールは新しい品種とはいえ、当店でも8年位前から使っている野菜で、最近はテレビなどでも紹介されるようになって生産者も増えて来たのですが、この野菜を開発した種苗会社が販売を独占し、しかも種ではなく苗でしか販売していないという事もあって、まだまだ市場ではあまり見かけない稀少な野菜です。

そういう珍しくて美味しい&栄養価の高い野菜、ナチュラーレ・ボーノは大好きです!

写真↓はプチヴェールを毎年作っていただいている緑区の農家、金子さんの畑です。
a0083871_415076.jpg
この時期、冬野菜は多少残っていても片付けてしまい、夏野菜の準備の為に堆肥を撒いて土作りをするのですが、当店の為にプチヴェールだけ残してもらっています。
(金子さんスミマセン!感謝です!)
a0083871_4281344.jpg
↑畑は残されたプチヴェールと夏野菜の為に準備された堆肥(右上)だけの状態になってます。
↓堆肥のアップ画像
a0083871_429196.jpg
余談ですが金子さんの畑では、近くの乗馬クラブの馬糞や珈琲工場の珈琲豆のカスなどを使って堆肥を作っているそうです。馬糞は臭いがほとんどないため、住宅地に近い都市農家には、とても有難い物なのだそうです。

野菜のできの善し悪しは土作りで決まると言われ、私が訪ねている数件の農家でも堆肥の配合は農家によってさまざま。同じ農家でも昨年よりもっと良いものを作る為に、業界紙から情報を得たりして、配合を変えてみたりします。

畑や農家の直売所に足を運んでいると、除草剤や化学肥料を使わずに、害虫や病気に負けない美味しい野菜を作るという事がどれだけ難しい事なのか、解ります。(逆を言えばスーパー等に並ぶ野菜が綺麗で大きさや形も整っている事が不自然だという事も解ります)

堆肥作りには、その農家の経験や研究成果、こだわりといった職人魂が伺えます。

そして話は戻りますが、
残りわずかとなった今年のプチヴェール、当店人気メニューの『バーニャカウダ』でお楽しみ頂けますので皆様も是非、ご堪能下さい。
[PR]
by n-buono | 2008-03-20 09:32 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
スギ花粉は3月10日大空襲の遺品・・・
3月10日は(1945年)東京大空襲の日。
また、同じ年の3月12日~14日にかけて、名古屋・大阪も空襲の被害を受けました。
テレビ等でもその歴史を再認識すべく、特別番組などが組まれておりますね。
a0083871_1572819.jpg
そして奇しくも現代のこの同時期は、毎年“スギ花粉の襲撃”のピークでもあります。
やはり連日テレビでも花粉の飛散量や花粉症のことが話題に取り上げられます。

先日、全く別問題だと思っていたこの3月の大空襲(戦争)とスギ花粉には、密接な因果関係があったという事を知りました。
a0083871_1574588.jpg
太平洋戦争の空襲による被害で国内が焼け野原と化した日本では、戦後の復興に大量の木材が必要とされ、伐採により国内の山林が“ハゲヤマ”状態になってしまったそうです。
そこで国が戦後から1960年代にかけて、木材に適した杉の木を大量に植樹したそうです。

そして1970年頃からは安価な輸入木材が多く使用されるようになり、国内には伐採も手入れもされず放ったらかしにされる杉林が増え、杉が植樹後25年~50年に花粉を多く飛散させる事と重なり、1970年頃から花粉症患者が増えて、2020年頃まで減らないだろうという事なのです。

自然被害だと思っていた『3月10日がピークのスギ花粉』が、『3月10日の東京大空襲』ともつながっていた“遺品&人災”だったとは・・・・。

スギ花粉は戦争を忘れかけ、自然との共生を軽視している現代の日本人への警告なのでしょうか・・・・。
[PR]
by n-buono | 2008-03-10 15:05 | 店長のひとりごと | Comments(0)