<   2008年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
4/30(水)は休業させて頂きます。
誠に勝手ながら4月30日水曜日は、[4・29(火)の振替えとして]休業とさせて頂きます。
※尚、5月6日(祝火)は定休となります。

何卒ご了承下さいませ。
[PR]
by n-buono | 2008-04-29 21:00 | お知らせ | Comments(0)
雨後のタケノコ・・・
雨が降った次の日は、タケノコは1日で50cm~1mも伸びると言われています。凄いですよね。
タケノコは10日(旬)の間で10m程の大人の竹に成長する事から“筍”と書くのだそうです。
a0083871_1555012.jpg
ということで、先日の画像↓と本日の画像↑で筍の成長ぶりを表現してみました!
(ついでに店長人形も成長しました!)

ちなみに『雨後のタケノコ』とは、【何かのキッカケで、似たようなものが次々に現れ出る】という意味で、雨が降った後に筍が次々と生えてくることから生まれた諺だそうです。

今日もあいにくの雨模様となりましたが、明日からはうちの店にも“雨後のタケノコ”のようにお客さんが次々に現れることを願っております・・・。
[PR]
by n-buono | 2008-04-26 15:55 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
タケノコ・・・・・?
ここ数日、雨が多くすっきりしない天気が続いておりますね。

この時期は農家の畑も夏秋野菜や次の冬野菜の準備に入る端境期のため、一年でも最も野菜の少ない時期です。

そんなこの時期、地元の農家の直売所で一番スペースをとっている旬の野菜がタケノコです。
今年はこの辺りのタケノコは“当たり年”のようで、どの農家でも昨年と比べてかなり大きく太いタケノコが売られています。

今年も港北区の飯嶌さんの竹林でタケノコ掘りをしたいと思っているのですが、雨の日が多くまだ実現しておりません。

そこで今日はとりあえずイメージ画像だけ先にお届け致します。 おいしそうでしょ?
a0083871_191071.jpg
・・・スミマセン!
[PR]
by n-buono | 2008-04-18 17:36 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
アンドレア・ボチェッリ・・・魂の歌声
先日、来日していたアンドレア・ボチェッリのコンサートを観に行ってきました。
今回の来日にあたってTV等で紹介されていたのでご存知の方も多いと思いますが、ボチェッリはあの3大テノールの故パヴァロッティーに見出された盲目のイタリア人テノール歌手です。

7年位前に常連のお客様から薦められて“SOGNO”というアルバムを聴いて以来、歌声はもちろん、歌の詞がとても良く大好きな歌手だったので、今回8年ぶりの(しかも平日の2日しかない)来日コンサートを観に行けて、とっても幸運でした。

しかも前の方の席でしたので、ステージ上のボチェッリの顔が肉眼でもしっかり見え、大迫力&大興奮でした。
a0083871_11575454.jpg
その歌唱力はCDを聴いてもモチロン素晴らしいのですが、生で聴くとやはり違います、素晴らしすぎて鳥肌たちました。
あの美しい迫力ある歌声は同じ人間のものとは思えないほど凄かったです。

パヴァロッティなど他の迫力あるテノールとは違い、ボチェッリはほとんど直立不動で手なども動かさず、穏やかで優しい歌声なのですが、それでいて迫力も十分あるテノールなんです。

彼の歌を聴いていると全盲という事がハンデではなく、時として必要のない区別をしてしまう“視覚”にまかされない、清らかな魂という強みになっていると思います。

デュエットする相手が男でも女でも白人でも黒人でも全く関係ないし、聴衆がイタリア人でもアメリカ人でも日本人でも関係ない、自分の魂のままに歌っているというのが伝わります。
(私も『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』 というワークショップ形式のエンターテイメント?で体験しましたが、視覚を奪われると、聴覚や触覚など視覚以外の感覚が研ぎ澄まされ、普段いかに物事(他人の印象なども)を視覚で判断しているか反省します。)

会場では芸能人も何人か見掛けましたが、私の前には名曲『恋人よ』の五○真△さんが座っていらして、開演中は(当たり前ですが)とても静か~に観ていて、『恋人よ』の曲のイメージ通りだったのですが、最後にステージを去る盲目のボチェッリに向かって一生懸命に手を振っていたのが、ちょっと意外で印象的でした。
[PR]
by n-buono | 2008-04-17 09:21 | 店長のひとりごと | Comments(0)
牛久保村にグリーンライン開通!
毎週日曜の朝市で訪れる地下鉄グリーンライン“ふれあいの丘駅”の予定地にある看板も『平成19年開通予定』とか(最初はもっと早くできるような話だったはずだが)予定がどんどん延びていくので、『平成20年3月30日開通』の看板を見ても、どうせまた伸びるだろうと半信半疑でしたが、最後はかなりの急ピッチであっという間に完成したんですね。

今年の2月10日頃、ふれあいの丘駅前はまだこんな感じで「あと1ヶ月で完成するの?って感じでしたし。↓
a0083871_210242.jpg
その1ヵ月後の3月9日頃、結構完成に近づいてました↓
a0083871_212216.jpg
そして3月30日、ついに開業!↓
a0083871_2132673.jpg
この地下鉄グリーンライン(日吉~中山)、今から20年以上も前にできるという話を聞いていて、当時中学生だった私も、何人かの同級生の家が、この地下鉄やその上を通る新しい道路の工事区域となって、立ち退きで引越してた事を覚えているので、随分と長い年月がかかったなぁという思いです。

その頃の私たちにとっては、現在のセンター北駅の阪急モザイクの周辺は、山と田畑に囲まれ、夏休みにカブトムシやクワガタを捕りに行く、通称“牛久保の山”でしたから、そんな山の中にどうして地下鉄を通すのか子供ながらに不思議に思っていました。

子供の頃“港北区の牛久保村”と田舎呼ばわりされていた地域が、今や百貨店やショッピングセンターが建ち並び、地下鉄が2路線通り、インターネット普及率や某外車ディーラーで販売台数が全国1位のエリアになるとは・・・。
変われば変わるものです。

グリーンライン開通に20年前の“立ち退き”“牛久保村”を想い出し、ちょっとノスタルジックな気分になりました。
[PR]
by n-buono | 2008-04-08 20:10 | 店長のひとりごと | Comments(0)
☆新年度・・・・・
4月に入って新年度となり、街には新しい制服・ランドセル・スーツを身に付けたフレッシャー達が目につき、街が新年度の雰囲気で溢れています。
当店のホームページとブログのデザインも、少しだけ新しくしてみました。

それにしても街を歩いていると、制服を着ていなくてもその雰囲気から新入生とか新社会人なのだろうな、とわかる新人さん達の初々しさ、『フレッシャー』とは良く言ったものです。
a0083871_20639.jpg
私もそんな街のフレッシャー達に負けじと、何か新しい事にチャレンジしようと思い、
4月からのNHKテレビ講座をいくつか受講?してみることにしました。
この時期、書店に行くと色んなNHK講座のテキストが山積みになっております。

まずはやはり“テレビでイタリア語”。 でも、先日見たのですが、番組の構成に余計な演出が多くてイマイチのめり込めず、早くも落ちこぼれそうな予感・・・・。

そういえば例年5月、6月となるにつれて、本屋さんに平積みされるテキストの高さが低くなっていきます。(売れたのではなくて明らかに入荷数が減っているのだと思う・・・)
私のように4月で中退してしまう受講生が多いことを本屋さんは“お見通し”なんですね

今年は“イタリア語”に加え、“瀬戸内寂聴・源氏物語の男君たち”を受講?しております。
こちらは物語を読み解く、おやすみ前の“大人のための読み聞かせ”といった感じなので、続けられそうです。

あと時々、真夜中にやっている高校講座“家庭総合”に偶然チャンネルを合わせて、そのまま見入ってしまう事があります。男の私にとっては『女子はこんな事を学んでいるのかー』と新鮮です。
皆様のオススメの講座などありましたら、ぜひ教えて下さい。
[PR]
by n-buono | 2008-04-07 10:10 | 店長のひとりごと | Comments(0)
『梅は咲いたか、桜は・・・・』
ここ神奈川県近郊で春に花を咲かせる樹といえば、2月の梅から始まって桃→木蓮→桜・・・とバトンリレーのように楽しめたのがお決まりだったはず。

でも近年は温暖化の影響で3月上旬~中旬の短期間に全部まとめて咲いてしまう状況で、ちょっと風情に欠けます。(今年は寒かったので桜の開花が若干遅くなりましたが)
a0083871_059615.jpg
写真は私の“通勤途中の花見スポット”の梅と桜なのですが、以前は梅が咲き終わってから入れ替わりで桜が咲いていたので、梅が咲き出すと「梅は咲い~た~か、桜はまだかいな」というフレーズを一人で口ずさんでいたのですが(ええ、ジジ臭いですよ、わかってます。)、最近は梅と桜がほぼ同時に咲いてしまうので、「桜はまだかいな」って口ずさんだ後「てか、咲いてるよっ!」と自分でツッコミを入れなければならなくなりました。

一度に色んな花が見れて豪華で贅沢と言えばそうなのですが、やはり梅~桃~木蓮~桜と一つずつ、ゆっくり楽しみたいものです。
[PR]
by n-buono | 2008-04-01 17:40 | 店長のひとりごと | Comments(0)