<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
『トマトの冷製パスタ』 の次は 『冷やしたぬき』?
先日、冷製パスタに使用する完熟トマトを求めて緑区の金子さんの畑に行くと、金子さんの隣の畑でおじさんたちが数人で騒いでいるので近寄ってみると、畑に入り込んだタヌキを追い回して捕まえているところだったのです。しかも子ダヌキが3匹も。
a0083871_15362524.jpg
↑タヌキが畑の隅の物置付近に出てきたところを捕えた決定的瞬間!!

基本的にタヌキは夜行性なのですが、よほどお腹が空いていたのか、暑くて水分補給をしに来たのか、昼間から畑のトマトやトウモロコシを食い荒らしていたようです。
タヌキは何にでも手を出す訳ではなく、熟していなかったり、逆に熟しすぎた野菜には手を出さず、食べごろの美味しそうなものだけを選んで食い荒らすそうです。虫や鳥も含め、野生の動物たちは人間よりも目利きなんです。
B級品には手を付けずA品ばかりを狙う・・・、農家にとっては余計に腹立たしいわけですが・・・。
a0083871_15384047.jpg
↑袋の中からおびえる様にこちらを見上げるタヌキ。可愛い顔をしてるのですが獣臭が結構キツイ・・・。

私も含め4人がかりでタヌキを囲い込みながら追いつめて網で捕獲、肥料用の袋に入れたまでは良いのですが、今度はこのタヌキをどうするか?の相談が始まります。

『保健所に頼むと殺されちゃうから可哀想だし・・・、もって帰ってタヌキ汁にでもするか?』っておじさん、どっちみち殺すんじゃん!と心の中で突っ込みながらも、
『暑いからタヌキ汁よりも冷やしタヌキがいいな』と暑さでやられたのか、もっと訳の分からない事を考える私・・・。

結局、近くに逃がすとまた畑の作物が荒されてしまうので、ちょっと離れた山まで行って逃がしてやる事になりました。

殺さずに逃がしてあげたタヌキ達、恩返しに来てくれないかなー。できれば美女に化けて。
そんな妄想をする私、どうやら炎天下の畑で脳ミソが完全に溶けてしまったようです・・・。
[PR]
by n-buono | 2008-07-25 15:40 | 旬の食材&畑だより | Comments(5)
今日は徒然なるままに・・・
先日、『プロポーズ大作戦』というドラマの再放送をやっていたのを観ていたら、主人公役の山下智久くんが夜の町を走るシーンがあり、なんか見覚えのある坂道だなーと想いながらよく観ていると、いつも通る藤が丘駅の近くの坂道でした。→ 藤が丘を走る山P

次の日の夜、仕事帰りに同じ坂道を歩いていた時、『運動不足解消のために、俺も山Pみたいに走ってみるかぁー』という想いに一瞬だけなりましたが、暑いし、けっこう坂、急だし、長澤まさみが待っている訳でもないし、もし誰かに見られて『あれ、ボーノの店長? もしかして山Pのマネ?』なんて事になったらマズイな、という一人会議の結果、取り止めになりました。

そして翌朝、またその近くを歩いていると、ロケバスっぽい車や撮影スタッフらしき人がたくさんいたので、今度は何の撮影だろうと思いながら歩いていると、出番待ちの陣内孝則と杉本哲太がイスに座って談笑していました。何の撮影なのかはわかりませんが・・・。
藤が丘周辺はCMやドラマのロケが結構多いんですね。

そういえば、日曜朝のTBS『サンデーモーニング』という番組内でいつも9時15分過ぎに流れる東急のCMに、子供が渡っている小さ~い橋が映るのですが、あの橋は私が店から緑税務署まで歩いて行く時に利用する、ほとんど人が通らない“知る人ぞ知る”的な恩田川に架かる橋なんです。
サンデーモーニングを観ている方は是非、チェックしてみて下さい。
(ちなみに私は同番組をリアルタイムで観れないので、毎週録画して観ています)

今日は暑いので、徒然なるままに、心に浮かぶよしなし事をそこはかとなく書かせていただきましたが、
何が伝えたかったかと云うと・・・↓

 ・長澤まさみはやっぱりカワイイ
 ・陣内孝則はTVで見るより小顔でカッコイイ。&藤原紀香の旦那ではない。
 ・杉本哲太は子煩悩で良い夫らしい(中村メイコ談)
 ・サンデーモーニングのコメンテーターの湧井さん(造園家)のコメントは素晴らしい!
 
と云う事です。

やはり、怪しゅうこそ物狂おしくなってしまいました。スミマセン・・・・。
[PR]
by n-buono | 2008-07-24 16:53 | 店長のひとりごと | Comments(0)
色々な色のジャガイモ
本日は小松ファームさんが育てたシャドークイーン、ノーザンルビー、シェリー、キタアカリ、メークイーン、の紹介です。(この他にアンデスレッド、キタムラサキもございます)

こう書くと今週、あの無敗の三冠馬“ディープインパクト”の子供たちが1億~2億円で競り落とされたというニュースがあったばかりなので、なにか小松ファームという厩舎が育てた競走馬の名前のようにも思われそうですが、こちらは農家の育てたジャガイモです。
a0083871_1142789.jpg
↑写真のお皿の一番下の濃い紫色をしているのがシャドークイーン、そこから時計回りにキタアカリ、メークイーン、シェリー、ノーザンルビーです。

紫や赤いジャガイモには、ナスなどと同じ「アントシアニン」という色素が含まれていてポリフェノールも豊富なようです。

これらのジャガイモは大ざっぱに分類すると、丸っこいのが男爵系でホクホクしていて、長細いのがメークイーン系で煮崩れが少ないタイプです。
近頃、横浜の農家でも良く見かけるのは、男爵とメークイーンの良いトコどりの品種『キタアカリ』で、味も良い上にこの辺の気候や土壌にも合うようで、病気にもなりにくいため、生産者にもも評判が良いジャガイモです。

5月頃、畑のジャガイモの様子↓
a0083871_1281668.jpg


ジャガイモは品種によって花の色や形が違うんです。
a0083871_11795.jpg
キタアカリの花↑

a0083871_1181560.jpg
メークイーンの花↑

a0083871_1191990.jpg
シャドークイーンの花↑

a0083871_1203436.jpg
ノーザンルビーの花↑

余談ですが、ジャガイモは鎖国をしていた江戸時代に、長崎を窓口にして唯一貿易を許可していたオランダが、途中で立ち寄る支配下のインドネシアのジャカルタから日本に持ち込んだ芋だったから、ジャカルタの芋でジャガイモになったそうです。(永六輔さんがラジオで言ってました)

当店では只今、燻製のスカモルツァチーズをのせてオーブン焼きにして、ランチやディナーの前菜としてご提供しております。↓
a0083871_1254265.jpg

[PR]
by n-buono | 2008-07-19 17:18 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
モンサンミッシェル産コッツェ
本日は只今ご提供中の季節限定ディナーメニュー『モンサンミッシェル産コッツェの白ワイン蒸し』のご紹介です。(※入荷状況によって欠品の場合がございますのでご了承下さい)
a0083871_1235723.jpg
世界遺産としても有名な仏・モンサンミッシェル湾は潮の干満の差が15m以上もあり、その厳しい環境下で育つコッツェ(ムール貝)は、干潮時に海中から出ている時間が長い為に、旨みの素となる栄養価を蓄える能力が高く、小ぶりながらも味が凝縮されて世界で最も美味しいコッツェだと言われています。

そう云えば、トマトなどの果菜類も水をたくさん与えるよりも、枯れるギリギリ位まで与えない方が糖度が増して美味しくなるのですが、それに似ていますね。

温室でぬくぬく育つよりも、自然界の厳しい環境で雨風に打たれたり踏まれたりして鍛えられた方が強くたくましく育ち、“味が出る”と云う事では、野菜も魚介類も人間も同じなんですね。

世界最高のコッツェ・・・、「地球に生まれて・・・ヨカッターーーーーーーーーー!」

口から鼻に抜けるような“織田裕二の叫び声・・・”ではなくて“モンサンミッシェル産コッツェ”の芳醇な風味と味わいを、ぜひお試し下さい。
[PR]
by n-buono | 2008-07-17 11:28 | お薦めメニュー!! | Comments(0)
貸切営業のお知らせ
誠に恐れ入りますが、本日7/11(金)のディナータイム【18:00~22:00】は貸切営業とさせて頂きます。
何卒ご了承下さいませ。
[PR]
by n-buono | 2008-07-11 15:18 | お知らせ | Comments(0)
☆ 完熟トマトの冷製パスタ ☆
梅雨明けしたかのような暑い日が続き、地元農家の畑でもトマトの収穫量が多くなって参りました。
私もこの所毎日のように提携農家からパスタに使用するトマト数種類とバジルを仕入れております。
a0083871_003390.jpg
今年も全提携農家を合わせると、ミニトマトを含めて20種類ほどにも及ぶ色々な種類のトマトが収穫できそうです。
a0083871_021696.jpg
暑い夏を迎え、まずはランチタイムにて、毎年人気の『地元農家の完熟トマトを使った冷製パスタ』を始めました。
ディナータイムのメニューにはまだ載せておりませんが、ご用意できますのでご希望の方はお気軽にスタッフへお申し付け下さいませ。

今年もナチュラーレ・ボーノでしか味わえない、樹で完熟した赤や黄色や緑などの数種類のトマトを使ったパスタをどうぞご堪能下さい!
a0083871_03571.jpg

[PR]
by n-buono | 2008-07-06 10:45 | お薦めメニュー!! | Comments(0)