<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
明日の神話
先週の18日の火曜日、井の頭線に乗る用があり渋谷の連絡通路を歩いていると、見覚えのある(といっても実物は初めて観ましたが)とてつもなく大きくて長~い壁画が目の前に現れて『ウォー!』と驚きました!
a0083871_1271515.jpg
a0083871_1181659.jpg
そうです、岡本太郎氏の幻の壁画と言われていた『明日の神話』だったのです。

私自身、この壁画については昨年までは「外国で行方不明だった作品が見付かった」というニュースを何となく覚えている程度だったのですが、今年の2月に当店でライヴをして頂いた“ミニ・ロマンチカ”のアルバム「Romantica Pablo X」にも、この壁画をイメージした同名の『明日の神話』という楽曲があり、ライヴの中での作曲者の田中倫明さんの解説がとても印象に残り、興味を持つようになったんです。

今年の東京都現代美術館での一般公開も観に行けなかった為、渋谷に恒久設置されるニュースを聞いて楽しみにしていたのですが、前日の17(月)に設置されたという事は知らなかったので、思いがけない遭遇?にちょっとテンション上がりました!

中学生の時、学校の美術室の壁に描かれていたピカソの “ゲルニカ”  (→ゲルニカ 画像
を、「へんてこで気持ち悪い絵だなー、落書きじゃねーか」としか思っていなかった私が、大人になってその絵のもつメッセージを知って「そうだったのかー」とショックを受けたように、この“明日の神話”の作品とそのメッセージも長い時間をかけながら、ここを通る子供たちに伝わっていくのだろうなぁと、思うのでありました。
[PR]
by n-buono | 2008-11-24 22:50 | 店長のひとりごと | Comments(0)
♧ホウレン草越しの富士山♧
11月にしては暖かい日が多く、パンパスグラスにイワシ雲、つい2週間ほど前には車のヘッドライトに赤とんぼが止まっていて「秋だな~」と感じていたのに・・・。
a0083871_22313853.jpg
a0083871_2232526.jpg
昨日あたりから寒さが厳しくなり、やっぱりもう冬なんだという事を実感させられました。

健康のために『春は厚着、秋は薄着』という教えを実践して、昨日まで手袋なしで原付バイクに乗っていた私ですが、さすがに昨夜の寒さには負けて今日から原付に乗るときは手袋着用しています。

今朝、農家の野菜を仕入れに行く途中、ほうれん草畑の向こう側に丹沢の山々と雪を被った富士山が見ました。
a0083871_22432321.jpg
うーん、この景色、やっぱりもう冬ですね。
[PR]
by n-buono | 2008-11-21 22:44 | 店長のひとりごと | Comments(0)
続・下仁田ネギ
先日、『ネギの栽培はネギが生育するにつれて白い部分に土を被せて栽培するので、ネギの土手がどんどん高くなっていく。』というのをご紹介しましたが、(→”こちら”をご参照下さい
その後、畑へ行くとさらにネギの土手が高くなっておりました。
a0083871_2224278.jpg
ネギを一列おきに収穫して、ネギが抜かれた列に残った土をその隣のネギに被せていたのです。

土手の高さがひざよりも高い状態になっていました。
a0083871_22251084.jpg

土に覆われることでネギの白い部分が長く上に伸びるわけです。

関西では関東とは逆に、ネギは緑の葉の所だけを使い、白い部分は捨ててしまうと言われてますから、
ネギに土は被せないのでしょうかね・・・。

寒い時期のネギは栽培期間が長くなればなるほど太く、甘味が増します。
こちらの畑の下仁田ネギの根っこも結構太くなっています。
a0083871_22255485.jpg
根っこが太くて長いネギは、抜くのに一苦労ですが、その分、味もしっかりして甘味があるんです。
(12月になって霜が降りればさらに美味しく甘くなります。)

それにしても、これだけのネギに土手を盛るのは男の人でもかなりの重労働です。

黙々と鍬で土を盛っているこちらの女性農場長さんの働く姿には感服です。
a0083871_22263040.jpg

[PR]
by n-buono | 2008-11-18 22:21 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
☆★☆ お陰様で3周年!!! ☆★☆  
お陰様で本日11/15、当店は現在の店舗に移転して3周年を迎える事ができました。
a0083871_8294846.jpg
a0083871_828417.jpg
これもひとえに皆様のご愛顧のお陰と、心よりお礼申し上げます。
a0083871_8284513.jpg
これからも皆様に愛される店となるようスタッフと共に頑張って参りますので、ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

ナチュラーレ・ボーノ スタッフ一同a0083871_16464074.jpg





                     







   当店も3歳の七五三です・・・
[PR]
by n-buono | 2008-11-15 08:23 | お知らせ | Comments(2)
五豊農園の食用ほうずき “あぶくまの星”
只今当店で人気のドルチェ『ほうずきのタルト』の食用ほうずき“あぶくまの星”でお世話になっている、福島県郡山の『五豊農園』さんより先日、今シーズン最後のほうずきが届きました。

今回はその中に、一つの殻の中に実が2粒入った珍しい“双子のほうずき”がありました!
a0083871_119385.jpg
a0083871_1201152.jpg
a0083871_1203817.jpg
・・・・私が無理やり詰めて偽装したわけではないですよ。



五豊農園のご主人は品物と一緒にいつもお手紙を添えてくださいます。

「今回のは天候が良かったので、大きさ品質ともに良くできたと思います」とか「ここ最近は雨が多く納品後に傷みが発生するかもしれないので、余分に収めておきました」など、その都度、畑の状況や品質の説明を伝えて下さったり、心遣いまでして下さいます。
a0083871_1213167.jpg
今回は今シーズン最後の納品ということもあり、ご丁寧なご挨拶の手紙と一緒に冬至かぼちゃのおまけ付きでした。

縁あって昨年よりお取引させて頂いているこの『五豊農園』さんは、農業を営むか事が夢であったというご主人が、還暦を過ぎてからたった一人で福島の山中に移り住んで始めたという農家なんです。
(山奥にあるというご自宅には水道も通っていない為、飲み水は近くの農家まで行って分けて頂いているそうです)

今年は食用ほうずきの初出荷に際し、その初取りの食用ほうずきをご持参で、遠路遥遥当店までご挨拶に来て下さりました。
その時に「残りの人生はかねてからの夢であった農業を体のゆるす限り続けて、安全で美味しくて健康に役立つ農作物を作り、食べる人に喜んでもらいたい。それが何よりの幸せなんです」というお話を伺いました。
こんな気概ある農家の人の作物を使わせて頂けるのは、当店にとって、大変有難いことです。

また来シーズンも五豊農園のこだわりの作物、楽しみにしております。
a0083871_1221738.jpg
この“ほうずきのタルト”も今回入荷のほうずきがなくなり次第終了となります。
最後の納品という事でいつもより多めに納品していただきましたが、お早めに!
[PR]
by n-buono | 2008-11-09 22:40 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
ノヴェッロ解禁!!
本日イタリアワインの新酒ノヴェッロが解禁となりました。

イタリアのノヴェッロは新酒とはいえ、しっかりとした味わいに仕上げられている為、イベント性だけでなく普通のワイン同様に楽しめることから、近年は軽い飲み口のフランスの新酒ボージョレー・ヌーヴォーよりもイタリア・ノヴェッロを愛飲される方が増えているようです。
a0083871_1453827.jpg
当店では今年、イタリア北部のロンバルディア州、中部のマルケ州、南部のプーリア州より合計3種類のノヴェッロをご用意いたしております。

ワインの美味しいこれからの季節、当店のお料理と共に美味しいノヴェッロを是非お楽しみ下さい!
[PR]
by n-buono | 2008-11-06 15:45 | お薦めメニュー!! | Comments(0)
バターナッツ
写真は当店でも人気のバターナッツというカボチャです。
a0083871_002018.jpg
ご覧の通りひょうたん型でピーナッツに似ているからバターナッツと言う名前なのですが、中は濃いオレンジ色をしていてスゴク甘味があって美味しいんです。
a0083871_015684.jpg
私個人としては一番お気に入りのカボチャです。
只今、バーニャカウダの野菜の一つとしてご提供中ですが、もうそろそろ終わりになってしまいます。
是非、皆様にもこの美味しさを味わっていただきたいです。


追伸・・・・・
a0083871_071243.jpg
良く見ると、ガリガリ君にも似てます。
a0083871_031450.jpg

[PR]
by n-buono | 2008-11-05 16:55 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
ゴマの花
五穀豊穣、実りの秋、ゴマもこの時期に収穫の季節を迎えます。
写真はゴマの花です。
a0083871_23394520.jpg
a0083871_23392483.jpg
ジミ~なゴマがこんなに奇麗な花を咲かせるとは意外です。
花の下の胞子の中にゴマが入っています。
a0083871_2348914.jpg
写真のように茎ごと乾燥させた後、胞子の中のゴマの粒を取り出し、それを水の中に入れて浮いてきたゴミなどを取り除き、さらに乾燥させるとやっと、炒る前のゴマの状態になるそうです。

結構時間と手間がかかりますが、新鮮なゴマの炒りたては香りがバツグンに良いんです。
[PR]
by n-buono | 2008-11-03 16:36 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)