<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
スタッフィング トマト
a0083871_2057592.jpg
写真はパプリカです。と言いたいところですが・・・・・、
a0083871_20583714.jpg

実はパプリカではなく、スタッフィング・トマトというトマトなんです。

カットしても中はパプリカのようにほとんど空洞になっていて、
中心に種とゼリー質が固まっています。
a0083871_20591826.jpg

スタッフド・ピーマン(ピーマンの肉詰め)と同様にトマトの中に挽肉などを詰める“スタッフド・トマト”という料理がありますが、このトマトはまさに中に詰める(スタッフィング)のに適したトマトなんです。


只今、このトマトにモッツァレラ・ブッファラ(水牛のモッツアレラチーズ)を詰めて、
スタッフィング・カプレーゼ・サラダとしてご提供中です。
a0083871_2104087.jpg
スイーツみたいでしょ。

こちらのトマトは収穫期間が短いため、すぐに終了してしまいますので是非、お早めに!
[PR]
by n-buono | 2009-07-28 21:01 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
★ 貸切営業のお知らせ ★
誠に恐れ入りますが、7/23(木)のディナータイムは、
ご予約により貸切営業とさせて頂きます。
何卒、ご了承下さいませ。040.gif
a0083871_1634104.jpg

[PR]
by n-buono | 2009-07-23 16:31 | お知らせ | Comments(0)
ブラックゼブラ&ホワイトゼブラ (Ebony and Ivory)
a0083871_4272072.jpg
写真はブラックゼブラとホワイトゼブラというトマトです。
ブラックといっても黒みがかった赤 ↑ ・・・、ホワイトといっても黄色みがかった白 ↓ なのですが・・・。
a0083871_4373589.jpg

ブラックゼブラは程よい酸味と旨味があり昔ながらのトマトらしいトマト。
ホワイトゼブラはフルーティーな酸味のさっぱり系の味です。

それぞれ色も味も特徴の違うトマトですが、これらを混ぜてパスタにするととてもよいハーモニーの味になるんです。

ポールマッカートニーがスティーヴィーワンダーと一緒に歌った曲『EBONY and IVORY』の歌詞のようです。 

Ebony and Ivory
Live together in perfect harmony
Side by side on my piano keyboard
Oh Lord, why don't we ?
・・・・

 (簡単に訳すと・・・)
  黒い鍵盤と白い鍵盤はピアノの上で仲良く並んで
  すばらしいハーモニーを奏でるのに
  何故、僕等(黒人と白人)は仲良くできないのだろうか?

こちらもご参照下さい→『Ebony and Ivory』 by You Tube


当店のトマトは黒と白だけでなく、赤も緑もピアット(皿)の上で仲良しです!
[PR]
by n-buono | 2009-07-13 09:37 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
やさい畑
只今発売中のやさい畑(夏号)という雑誌の中で、ノンフィクション作家・島村菜津さんのコラムに紹介されました。
a0083871_3425116.jpg


島村菜津さんはイタリアに住んでいた頃にイタリアのスローフード運動の始まりを目の当たりにし、2000年の著書『スローフードな人生!』の出版により、日本にスローフードという言葉と運動を広めた方で、日本の食に関する本や雑誌のコラム等の執筆で活躍中の、言わばスローフード作家さんなのです。
 こちら参照下さい⇒ 島村菜津さん情報
a0083871_3532269.jpg


その島村さんが当店の横浜野菜のバーニャカウダをとても気に入ってくださり、横浜でもこんなにたくさんの珍しい野菜が手に入るのかと興味を持たれ、その野菜を作っている農家を案内して欲しいと言う事になり、朝の仕入れに同行して頂きました。
a0083871_348223.jpg

やさい畑の島村さんの連載コラムでその時の様子が紹介されております。

このコラムの前回(第一回目)は、現役高校生のレストラン『まごの店』が、あちこちのマスコミで取材されて有名になった、三重県・相可高校の教師、村林新吾さん(私もテレビや雑誌で観て凄い立派な先生だと尊敬していた方)についてのコラムだったので、その次の第2回目が私で、ちょっと恐縮でした・・・。


その時に島村さんが撮った私や農家の方の写真もイラスト化されて載っています。
こんな感じ   ↓
a0083871_34639.jpg



この『やさい畑』という雑誌、かなりの取材&情報量で、野菜や野菜作りに興味のある方にはお勧めの雑誌です。
ぜひ書店で目にしてみて下さい。
[PR]
by n-buono | 2009-07-12 10:15 | お知らせ | Comments(0)
生トウモロコシ
トウモロコシの美味しい季節になりました。
a0083871_561914.jpg


農家では昔から「モロコシは鍋の水に火をかけてから採りに行け」と云われているくらい、トウモロコシは収穫直後から時間とともに糖度が失われていく為(糖質がデンプンに変化するため)、とってすぐ食べるのが一番なのです。

トウモロコシは採れたての新鮮なものは生食でき、しかもそのみずみずしさと甘さは茹でたものとはまた一味違い美味なのです。

当店でもこの時期は地元の農家で朝収穫されたものを毎日仕入れて、バーニャカウダで生のままご提供しております。

この時期、青葉区、緑区、都筑区、港北区の農家では、この美味しいトウモロコシを狙って、タヌキやハクビシンが畑に出てくるそうです。
[PR]
by n-buono | 2009-07-09 10:03 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
ヤングコーン
a0083871_52287.jpg
写真はトウモロコシの子供? ヤングコーンです。
水煮したものの缶詰やサラダバーなどでよく見かけるかと思います。
その名の通り、若いトウモロコシです。
トウモロコシは一つの幹に2つ(~3つ)の実がつくのですが、そのうちの1つだけを大きくして育てるために、もう1つ(~2つ)の実は大きくなる前に摘んでしまいます。
その摘果がヤングコーンなのです。
その日の朝に摘んだばかりの新鮮なヤングコーンはサヤを剥いて、生のまま芯まで食べれます。

ヤングコーンのヒゲは緑色でしっとりとして柔らかく、オーブンで焼いて食べても香ばしいんです。
利尿作用やむくみに効くそうで漢方でも使われるそうです。

トウモロコシの頭のヒゲは、中の粒につながっている為、粒と同じ数だけヒゲも生えているそうです。
[PR]
by n-buono | 2009-07-08 15:46 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
ラットテイル
a0083871_4483474.jpg
お皿の上の奇妙な物体・・・・

a0083871_4493370.jpg
今、世間を騒がせている空から降ってきたオタマジャクシではありませんよ。
a0083871_4501436.jpg
ラットテイル・ラディッシュという野菜です。
学名では「ラファナス(=大根)」という浜大根とも呼ばれる植物の胞子の部分になります。
その名の通り、ラディッシュのような大根の味なのですがちょっとクセになる辛味が特徴です。

ラットテイル・・・・ねずみのしっぽ・・・・
日本語に訳すとちょっと微妙な名前ですが、カタカナだと何となく可愛く聞こえるから不思議です・・・。

昔、テレビで江東区の夢の島のごみ処理施設か何かで働いているおじさんが、「ちょっと先の浦安では、ネズミ(ミッキーマウス)がすごい人気者みたいだけど、ここの(夢の島のネズミ)は、皆の嫌われ者だヨー」とウマイことを言ってたのを思い出します・・・。
[PR]
by n-buono | 2009-07-03 09:45 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
おかげさまで10周年!!
おかげさまで当店は本日7月2日、10周年を迎えました。

1999年7月2日に開店し、2005年に現在の場所への移転を経て本日無事10周年を迎えられるのも、ご贔屓戴いている皆様のお陰と心よりお礼申し上げます。

つきましては本日より7/10金まで、ミニ生ビール・グラスワイン・ソフトドリンク(対象商品のみ)を一杯100円にてご提供致します。(お一人様一杯限り)

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。040.gif

※7/3金のディナータイムはご予約により貸切営業とさせていただきます。
a0083871_2124749.jpg

[PR]
by n-buono | 2009-07-02 09:23 | お知らせ | Comments(0)