<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
印紙は売りさばく・・・
月曜日、当店の法人登記簿謄本(法人の戸籍謄本のようなもの)を手に入れるため、
桜木町の法務局に行ってきました。

登記簿を発行してもらうのにはまず、申請窓口の隣の部屋の「印紙売りさばき所」という印紙を販売する専用の窓口で1000円の登記印紙を買ってから、申請書に印紙を添えて提出します。

これまで何度も申請しているので今ではもう慣れてしまいましたが、「印紙売りさばき所」って名称、
初めて見た時は「印紙って売りさばいてんのかぁ…」とちょっと不思議に思いました。
「売りさばく」っていうと、在庫が大量にある商品を必死で売るような、叩き売りのようなイメージだったんで・・・。

そして印紙を購入して受け取るのは領収書ではなく「売りさばき証明書」…。
~印紙代1,000円を領収しました~ ではなく ~1,000円の印紙を売りさばいた事を証明します。
という事なのですね。
a0083871_1173340.jpg
印紙というものが登場した頃の昔の言い方がそのまま残ったのでしょうか・・・。


例えるなら、年配の人がコピーを頼む時に「これ、1枚焼いて!」と言うようなものですかね。
薪は使わないのに「風呂を焚く」とか、電話をかけることを「ダイヤルする」と言うような・・・。

ちょっと違う話になりますが、以前努めていた職場で北海道出身の女性が、大きな空っぽのダンボールを指差し、「あのダンボール、投げてもいいですか?」と聞いてきたのでビックリした事があります。
普段大人しい女性だったので、何かよっぽどムシャクシャしているのかと思いましたよ。
北海道の方言で「投げる」=「捨てる」という事をその時初めて知りました。

自分の育ってきた時代や地域の言葉しか知らないと、違う使い方に出会った時に戸惑ったり違和感を感じますが、同じ言葉でも時代や地域によって色んな使われ方がある事を知る、
そういうボキャブラリーも必要ですね。

a0083871_1165252.jpg
法務局を出ると目の前には上層階が雲?に隠れたランドマークタワーがそびえ立っていました。

先日、横浜野菜の地産地消を推進する「濱の料理人」という集まりに参加した際に、ランドマークの横浜ロイヤルパークホテルの総料理長・高橋さんとご挨拶を交わしましたが、その時にも立派な方だなぁと思いましたが、今日改めて高橋シェフはやっぱり“ 雲の上のお方 ”だったんだと、納得してしまいました・・・。
[PR]
by n-buono | 2010-05-30 23:50 | 店長のひとりごと | Comments(0)
花ズッキーニ!!
お待たせ致しました!
a0083871_518418.jpg

今年も花ズッキーニの季節となりました!
a0083871_51917100.jpg
寒かった4月の天候の影響で例年より生育が遅れ気味でしたが、
ようやくズッキーニが花を付け出しました。
a0083871_5235812.jpg
↑花の中はこんな感じです。
※真ん中の雌しべはハサミで切り取ります。





今年も採れたてのズッキーニの花にモッツァレラチーズとアンチョビを包んだ
『花ズッキーニのフリット』がディナーメニューに登場!
a0083871_5351865.jpg
花ズッキーニがお目当てのお客様はお電話でのご予約も承ります。


※収穫量が不規則なため品切れの際はご容赦下さいませ。

[PR]
by n-buono | 2010-05-28 08:16 | 旬の食材&畑だより | Comments(4)
露地イチゴ
a0083871_4532230.jpg
只今、露地栽培の苺が旬を迎えております。
a0083871_4535038.jpg

写真の苺は“にのみや”という品種です。
a0083871_455717.jpg

露地の苺はハウス栽培の苺と比べると何となく味がワイルドな感じがします。
甘いだけでなく苺らしい酸味といいますか、品種によっても違いがありますが・・・。
a0083871_4554646.jpg


今日は農家へ『苺のティラミス』に使うジャム用の苺と、『苺のパンナコッタ』で使用する大粒の苺を買いに行ったのですが、そこでサプライズなドリンクが振舞われました!
a0083871_4565687.jpg
トマトジュースかなと思いきや、なんとそれはマグカップにたっぷりと注がれたイチゴジュース!!
摘みたての苺をミキサーに押し込んで、グイ~ンッて回しただけの、
水も砂糖も加えていない100%イチゴのジュースです!!

『それ1杯作るのに苺2パック位は使ってるかな~』 だって……。
買った苺ではちょっとできない、農家だからできる使い方です!!

ほとんどジャム状態の濃厚なとろみで、一杯飲んだらお腹いっぱいになりました。
いや~、今日はいい時に買い物に来たな。
[PR]
by n-buono | 2010-05-22 22:25 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
☆ 貸切営業のお知らせ ☆
誠に恐れ入りますが、

5/20(木)のディナータイムは
ご予約により貸切営業とさせて頂きます。


何卒、ご了承下さいませ。040.gif

※尚、ランチタイムは営業致します。
[PR]
by n-buono | 2010-05-20 11:03 | お知らせ | Comments(0)
若葉萌え豆の花咲く皐月
4月は野菜の収穫の端境期の上に、寒くて日照時間も少なかった為、
野菜が少なく価格が高騰していましたが、5月に入って天候もよくなり、
初夏の旬野菜が出始めて野菜売り場も少しずつ賑やかになってきました。
a0083871_8272581.jpg
若葉萌える皐月。この頃は、麦畑の麦も艶やかな緑色となります。
a0083871_8274792.jpg

5月といえばエンドウ豆など豆の季節です。
絹さやに続いてスナップ→空豆とさやが小さいものから出始め、
だんだんさやの大きな豆が登場してきます。
a0083871_8303927.jpg
絹さやは紅い花をつけるのですが↑、スナップは純白の花を咲かせます↓。
a0083871_8283844.jpg

花が咲くとその花の中心から豆のさやが出てきます。↓
a0083871_8285419.jpg




[PR]
by n-buono | 2010-05-15 08:30 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
5/4(火)は休業させて頂きます。


誠に申し訳ございませんが5/4(火)は、
火曜日という事で通常の定休日と同じくお休みとさせて頂きます。040.gif

尚、5(水)は、ハイテンションで営業したいと思いますので、
皆様のご来店を心よりお待ちいたしております!!

[PR]
by n-buono | 2010-05-04 00:32 | お知らせ | Comments(0)
八十八夜
5月に入ってようやく暖かくなりました。
5月2日は立春から数えて八十八日目にあたる八十八夜です。

「八十八夜の別れ霜」という言葉があり、それまでは気温の寒暖が不安定だった気候も八十八夜の頃になると安定して暖かくなるという事なのですが、今年は特にその通りといった気候。
ほんの1~2週間前にはまだダウンを着てる人もいたのに・・・。
冬着も八十八夜でお別れですね。

そして「夏も近づく八十八夜(ぽんぽんっ)、野にも山にも若葉が茂る」の茶摘みの歌でも知られているように、この頃に芽吹き始める、若々しく柔らかいお茶の新芽を摘んで新茶が作られます。
(八十八夜に摘んだお茶を飲むと寿命が3年延びると言われているそうです。)

また、八十八夜は田植えをする日と定めている農家も多いようで、気候が安定して苗が霜にやられる心配も無くなるという事と、米寿と同様に“八十八=米”という洒落っぽい験かつぎの意味もあるとか・・・。
昔の人の智慧の深さと洒落っ気、見事です。
a0083871_1674850.jpg
赤と白の二色のチョウチョがキスをしているように見える、絹さやの花も咲き、
これから1ヶ月程の短い旬ですが、絹さや、スナップ、グリーンピースといったエンドウ豆類の美味しい季節となります!

❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀

~GW中の営業日のお知らせ~
※5/4(火)のみ休業とさせて頂きます。040.gif


❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀
[PR]
by n-buono | 2010-05-03 09:59 | 店長のひとりごと | Comments(0)