暴君、恐るべし!!
都筑区の農家から、あの世界一辛いと言われている唐辛子「ハバネロ」を仕入れてきました。
早速そのハバネロで“世界一辛いぺペロンチーノ”を作ろうと、
まずはどの位の辛さなのか試す為、包丁でスライスしてみました所、
触った途端に指先がヒリヒリと痛み出してくるんです。
そして恐る恐るその実を口に入れると、唇が切れたかのような、ピリピリとした劇痛が走りました。
その辛さ、想像を遥かに超える物でした。
とても店の料理には使えません。(味見ができません)

口を開けたまま舌をハーハーと出しながら、水を何杯も飲み、涙目で厨房をうろたえ回りながら「これは“辛い”と言うよりも“痛い”唐辛子と言うべだ」とのたまう私を「痛い人だ」という目で見る他のスタッフ。
a0083871_10471116.jpg


トーハトのスナック“暴君ハバネロ”を食べた事のある人は多いと思いますが、あれは暴君の素顔ではありません。
奴は殺傷能力を持つ植物兵器です。
[PR]
by n-buono | 2006-09-17 10:45 | 旬の食材&畑だより | Comments(2)
Commented by ミルママ at 2006-09-20 14:16 x
ハバネロってすごいんですね。見た目はミニパプリカみたいでかわいいのに♪
好奇心旺盛な私は食べることは遠慮しますが、触ってみたいです!
Commented by 店長 at 2006-09-21 23:40 x
ミルママさん、
暴君は今乾燥させておりますが、次回ご来店の際に、是非とも触って下さい。
触った手をなめるだけでも、お水(ミルママさんの場合はお酒でしょうか?)が何杯も飲めると思います。
ただ、くれぐれもその手でミルちゃんに触らないように・・・。
<< ピッツァ ボスカイオラ 忘れかけていた、大切なもの・・... >>