ポリフェノールも入ってます!『サラダホウレン草』
本日はサラダホウレン草のご紹介です。
a0083871_19414362.jpg
このホウレン草は葉や茎に赤みを帯びていて赤ワインでもお馴染みの“ポリフェノール”も含まれているそうです。
普通のホウレン草と比べてアクが少なく、生食できる事から、サラダホウレン草という名が付けられました。

当店ではサラダや「鱈と牡蠣のフィレンツッェ風グラタン」等に使用しており、グラタンに入れるとベシャメルソースにホウレン草の赤色が溶けて綺麗な色になります。

霜が降りるこれからの季節、寒さと共にホウレン草はどんどん甘味と赤みを増し、美味しくなってゆきます。
[PR]
by n-buono | 2006-12-13 16:20 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
<< 時代は中太大根(昭和)から姫大... 野菜?宇宙人!? 『コールラビ』 >>