必須アミノ酸が豊富!! 『菊芋』
a0083871_4265078.jpg
菊芋は秋にひまわりのような花を咲かせる菊科ヒマワリ属の植物の根塊です。
菊芋の花の咲き終わる10月末頃、外気温が17度以下になると地中に根塊ができます。

見た目は生姜のようですが、サクサクとした食感とほのかな甘味が感じられ、スライスして生食できる為、当店ではこの時期人気の『バーニャカウダ』に使用しています。
a0083871_4284981.jpg
この菊芋にはイヌリンという多糖類が含まれています。
自然の中にイヌリンを含んだものとして、ダリア・タンポポ・ゴボウ・チコリー・アザミ等キク科の植物に多いといわれていますが、現在わかってってる中でイヌリン含有量が最も多いのが「菊芋」と言われています。

また、菊芋に含まれる必須アミノ酸は、オレンジジュースやグレープフルーツジュースよりも多いことが判明していて、
日本では平成になってから健康素材として注目されています。
[PR]
by n-buono | 2007-02-04 17:00 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
<< バレンタインに!! 『ハートの... うわっ、でかっ!! これが桜島... >>