色々な色の大根
a0083871_0175440.jpg
エルニーニョ現象の影響なのか、地球温暖化なのか、もうすぐ師走だというのに、今年は暖冬ですね。
それでも青葉区周辺の畑にも霜がおり始め、葉野菜と根野菜の美味しい季節がやって参りました。

本日は冬の根野菜のリーダー、大根の紹介です。
左から緑色の『ビタミン大根』、先日ご紹介した『黒大根』、そして『ラディッシュ』です。
意外に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、野菜は寒い季節のほうがカラフルなものが作れるそうです。
特に最近の大根やカブは色んな色の品種があり、お皿を華やかにしてくれます。

今度はこの他の色の大根もご紹介したいと思います。
[PR]
# by n-buono | 2006-11-27 22:50 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
《伊》ノヴェッロ & 《仏》ヌーヴォー!!
先日、イタリアの新酒『ノヴェッロ』をご紹介致しましたが、11/16(木)には日本でもお馴染みのフランスの新酒『ボージョレー・ヌーヴォー』も解禁になりました。
当店ではボージョレー・ヌーヴォーの中でもワンランク上のヴィラージュ・ヌーヴォーをご用意しております。
この時期の風物詩、イタリアとフランスワインの新酒を是非ご堪能下さい!!
a0083871_021316.jpg

[PR]
# by n-buono | 2006-11-16 11:16 | お知らせ | Comments(0)
黒大根(ラディ・ノアール)
本日は黒大根(ラディ・ノアール)のご紹介です。
a0083871_1324837.jpg
一見、大きさや形的にも泥のついたカブのように見えますが、大根なんです。
フランスを始め、ヨーロッパでは大根と言えば黒いのが一般的なのだそうで、写真のような丸い品種の他に、普通の大根のような長細い品種もあります。
黒大根といっても、(残念ながら!?)黒いのは外側の皮だけで中は白いんです。外皮は黒トリフにも似ていますよね。

食感や味は普通の大根とそれほど大きな違いはありませんが、全体的にちょっと固めで辛味が強く、サラダ等の生食に向いています。
この野菜はディナーメニューの『野菜のカルパッチョ』等に使用しております。
色んな色の野菜がある中でも、黒い野菜というのはとても少ないので、興味のある方は是非一度ご賞味下さい。

ちなみにこの黒大根は青葉区下谷本産です。
[PR]
# by n-buono | 2006-11-13 23:31 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
11/13(月)18:14頃~ “FMサルース” で紹介されます。
a0083871_16591845.gif11/13(月)18:14頃~(18:30頃迄?)、
田園都市エリアのコミュニティー放送局 “FMサルース” の『スクエア・サイド』という番組内の『美味しい+α』というコーナーで当店が紹介されます。
番組タイムテーブル→http://www.fm-salus.jp/timetable/index.html

今回も先日のTVKと同様に、『横浜野菜を使ったイタリアン』という事で取材を受けるのですが、収録は番組の始まる直前なので、どんな感じになるかは、私も未だ分かりません。
聞き苦しい声にならないように、うがい&手洗いを強化中です。

13(月)18:00頃、FMサルースを受信できる所にいらっしゃる方は是非、
聴いてみて下さい。

当日、番組のON AIRの時間は、仕事中の為私は聴けないのですが、お聴きになられた方がいらっしゃいましたら、是非ともご感想をお聞かせ下さい。
a0083871_1701410.jpg

[PR]
# by n-buono | 2006-11-12 17:00 | お知らせ | Comments(0)
イタリアワインの新酒 “ノヴェッロ”入荷しました!!
豊穣の秋、イタリアでとれたてのブドウをすぐに醸造し、11月に初めて披露するフレッシュな赤ワイン、それが“ノヴェッロ”です。
「新しい」という意味のイタリア語“Novello”がそのまま呼び名になり、秋を伝える風物詩のひとつとなっています。 (言うなれば、フランスワインの“ヌーヴォー”のイタリア版です)
a0083871_1613216.jpg
イタリアでは10月から11月に渡って、伝統行事として各地で多くのお祭りが行われます。ブドウ収穫祭、ワイン祭り、トリュフ祭りや栗祭り・・・、皆でその年の豊作を神に感謝し、労をねぎらい、この時期にしか味わえないノヴェッロを楽しみます。
a0083871_15294332.jpg
当店ではこの秋、北イタリア・ロンバルディア州(写真上) と南イタリア・プーリア州(写真下) の異なる特徴を持った2種類のノヴェッロをご提供いたしております。

深まる秋を愛でながら、大切な方やお仲間と一緒に当店で“イタリア・ブドウの収穫祭”を開かれてはいかがでしょうか。
[PR]
# by n-buono | 2006-11-06 15:32 | お知らせ | Comments(0)
11月6日(月)のランチタイムは貸切営業とさせて戴きます

お客様各位

平素は、格別のご愛顧を賜り、誠に有難うございます。
11月6日(月)のランチタイム(~15:00)
貸切りのご予約により、一般営業はお休みさせて頂きます。
誠に恐れ入りますが、何卒、ご了承下さいませ。
尚、同日のディナータイム 18:00~21:30(LO)は
通常通り営業致しますので宜しくお願い申し上げます。
[PR]
# by n-buono | 2006-11-05 23:30 | お知らせ | Comments(0)
テレビ番組の取材撮影
a0083871_2171747.jpg
当店にテレビ神奈川(TVK)から取材依頼があり、先週その撮影が店内で行われました。
TVKの番組と言えば、木村カエラが生まれ育った『Saku Saku』と思ってしまう私は、
“白井ヴィンセント”と屋根の上で共演か? とお馬鹿な想像をしたのですが、もちろん違いました。
Hi 横濱編集局』(毎週土曜18:00~18:30放送)という、横浜に関する情報番組で、
11月4日(土)18:00~の放送内で当店が登場します。
(同番組には移転する前の店でも2004年10月に、『横浜野菜』の特集で、提携農家の金子さんと一緒に取材を受けました。)

今回もやはり“横浜野菜を使ったイタリアン・レストラン”という事で当店が登場します。
a0083871_2204484.jpg
一応、私にも台本が渡され、(台詞は決まってないので)撮影直前に自分が話す内容を考えておいたのですが、当日は風邪による発熱で頭がボーっとしていた上に、熱くまぶしい照明とカメラを前にして、いまひとつ思ったようなコメントができず、自分としてはちょっと不完全燃焼な撮影でした。

編集後の放送ではどのように映っているか、ちょっと不安ではありますが、
皆様も是非、ご覧下さいませ。
[PR]
# by n-buono | 2006-10-29 09:20 | お知らせ | Comments(2)
バジルのグラニテ
先日収穫したバジルで自家製のグラニテ(シャーベット)を作りました。
濃厚なバジルの香りと爽やかな大人の味わいが、お食事後のお口と胃をすっきりと浄化してくれる薬善のような効果があり、大変好評です。
是非一度お試し下さい。
a0083871_118488.jpg

[PR]
# by n-buono | 2006-10-28 09:16 | お薦めメニュー!! | Comments(0)
バジルの収穫
都筑区大熊町の中山さんの畑にてバジルをたくさん収穫してきました。

露地栽培のバジル(しかも摘み立て)はハウス栽培とは違い、香り豊かで葉も肉厚です。
収穫してる周囲は、バジルの芳香で満ち、私の手も収穫後しばらくは、バジルの匂いが取れませんでした。
(運んだ車は翌日までバジルの香りが漂ってました。)

大量に収穫したこのバジルは、ピッツァやジェノベーゼソースに使用する他、以前にもお客様に好評を頂いた、『自家製バジルのシャーベット』として只今、ドルチェメニューに登場しております。
このバジルのシャーベットは控えめな甘さで、芳醇な香りが食後のお口の中や胃を浄化するような作用があり、言うなれば大人向けの薬膳シャーベットです。
是非ご賞味下さい。
a0083871_13144426.jpg

[PR]
# by n-buono | 2006-10-22 09:10 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
マコモダケ
本日はマコモダケのご紹介です。
マコモダケと聞くとキノコの一種?と誰もが想像するのですが、
実はマコモ(真菰)というイネ科の植物に黒穂菌という菌が寄生して肥大化した茎の部分なんです。 (写真上の皮を剥いだ中身が下の写真です。)
こちらも先日のヤマブシ茸と同じく青葉区下谷本産です。

中華料理では高級食材として人気のある食材のようですが、
ここ最近はブームなのか今の季節スーパーなどでも見かけるようになりました。
味はタケノコとトウモロコシを合わせたような、優しく上品な味です。

当店では軽くゆでた物を前菜や魚料理等に使っております。
採れたての新鮮な物は、生食もできます。
a0083871_1294255.jpg
『ドコモダケ』とも相性が良いようです。(スミマセン)
a0083871_1210771.jpg

[PR]
# by n-buono | 2006-10-19 12:10 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
10月20日(金)ランチタイム貸切営業のお知らせ
お客様各位

平素は、格別のご愛顧を賜り、誠に有難うございます。

10月20日(金)のランチタイムは
貸切り営業となり、一般営業はお休みさせて頂きます。
誠に恐れ入りますが、何卒、ご了承下さいませ。

尚、同日のディナータイム 18:00~22:00は
通常通り営業致しますので宜しくお願い申し上げます。
[PR]
# by n-buono | 2006-10-19 07:15 | お知らせ | Comments(0)
10月15日(日) ディナータイム貸切り営業のお知らせ!!
                   お客様各位

           平素は、格別のご愛顧を賜り、誠に有難うございます。

      来る、10月15日(日)ディナータイム (18:00~)
      貸切りパーティーのご予約により、一般営業はお休みさせて頂きます。
      誠に恐れ入りますが、何卒、ご了承下さいませ。

         尚、同日のランチタイム 11:30~14:30(LO)は
        通常通り営業致しますので宜しくお願い申し上げます。           
[PR]
# by n-buono | 2006-10-13 01:21 | お知らせ | Comments(0)
幻のキノコ? ヤマブシ茸
芋名月が過ぎてお次は栗名月、秋はやはり“味覚の秋”ですね。
この時期、市場では芋や栗に負けずキノコ類もたくさん並んでおります。
写真は青葉区下谷本(当店の近くです)の農家より仕入れてきた『ヤマブシ茸』です。
(天然物は大変稀少で幻のキノコと言われております。)
a0083871_1728335.jpg
a0083871_1729264.jpg
見た目も大きさも(下の写真右側の)カリフラワーのような独特の姿をしてますが、
上品な香りと味わい、やさしい歯ごたえで、大変美味しいキノコです。

そしてこのヤマブシ茸は美味しいだけではなく、蛋白質を構成する必須アミノ酸8種類がバランス良く含まれており、さらには腸官内の発ガン物質を吸着、排泄する働きがあるということで、美味しくて体に良い理想的なキノコです。

これからこの『ヤマブシ茸』をどのように料理に取り入れるか検討中ですが、取りあえずは“ピッツァ・ボスカイオラ(ポルチーニ茸のピッツァ)”や“キノコとアーティチョークのマリネ”等のキノコメニューに加える予定です。
キノコもいろんな種類を組み合わせて使うと、味や香りに奥行きが出て、豊かになります。
[PR]
# by n-buono | 2006-10-09 17:33 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
栗とチョコのケーキ
本日は只今当店で人気のドルチェメニュー『栗とチョコのケーキ・バニラ添え』のご紹介です。

甘さ控えめの栗の入ったチョコケーキにバニラのジェラートを添えるこのドルチェは、毎年当店で秋冬に登場する人気メニュです。
(それほど重たいケーキではないので、べつ腹が小さ目の貴女様もご安心下さいませ。)
エスプレッソやカフェラテとも相性抜群です!!

是非、お試し下さい。
a0083871_035545.jpg

a0083871_2182795.jpg

[PR]
# by n-buono | 2006-10-08 22:05 | お薦めメニュー!! | Comments(2)
冬瓜の大集団!!
先日、都筑区池辺町の農家、矢部さんの所へ四角豆やナスターチュウムを仕入れに行った時に、ガレージで冬瓜の大集団を見つけました。

写真の冬瓜は小さい物で5Kg~大きい物では15kgもあるそうです。
これを畑で収穫して車の荷台に積むのは男性でも大変な重労働ですから女性の矢部さんにとってはそれこそ超重労働です。矢部さんもお疲れのようでした。
  (当店提携農家さん→http://n-buono.com/concept.html

この日私は、原付バイクで買い付けに行ってたので、
5Kg程の小さめの物を購入しましたが、それでも帰り道は原付で走りながら、冬瓜の重さを感じました。

この大きさや重さに加え、小家族化の進む最近は、一般家庭の食卓ではあまり見られなくなったこの冬瓜ですが、夏に疲れた体や胃に優しく作用し、体調を崩しやすい、季節の変わり目のこの時期にぴったりの野菜なんです。

当店では旬の魚料理等にに添えたりしております。
皆さんからのお薦めの冬瓜レシピもこちらにお寄せ下さい。
a0083871_12375350.jpg

[PR]
# by n-buono | 2006-10-02 12:34 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
パンパス グラス (Pampas Grass)
写真はパンパスグラスと言う、南米(アルゼンチン・ブラジル・チリ)原産の大きな『ススキ』です。
名前の由来は、アルゼンチン近辺の“パンパ”という草原地帯に生えてるグラス(芝)という事だそうです。

写真は緑区の金子さんの畑に生えているものですが、毎年の事ながら3メートルを超える、その背の高さに目を奪われます。
a0083871_23504943.jpg
a0083871_2353363.jpg

『そう言えば9月ももう終わってしまうけど、“中秋の名月”は気付かぬうちに過ぎてしまったのか?団子食べてないよ。』と一人でブツブツ思っていると、今年の中秋の名月は10月6日(金)との事。(ちなみに満月になるのは10月7日だそうです。)
a0083871_23543722.gif
「なーんだ、食べ損ねた訳では無かったのか」と、肝心の名月については無関心に、団子を食いっぱくれてなかった事に、ホッとする私でした。
[PR]
# by n-buono | 2006-10-01 00:01 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
おもちゃカボチャ
今日は港北区の農家“飯嶌農園”さんや、都筑区の農家 矢部さんから頂いた
“おもちゃカボチャ”のご紹介です。

最近は毎年この季節になるとお花屋さんでも見かけるこの“おもちゃカボチャ”ですが、じつに色々な形や模様の物があり、楽しめます。(只今、当店内にてご鑑賞頂けます)

これらのカボチャは「ひょうたん型」や「しま模様」など、様々な種類のカボチャを交配させる事で新たな種類を作る、言わば“カボチャの芸術品”です。
a0083871_0561224.jpg
上の写真で一番奥に写っている白い物は、ひときわ珍しい形をしていて、まるで『宮崎駿アニメに出てくる得体の知れない生き物』のようでちょっと“魑魅魍魎(ちみもうりょう)”といった感じです。 ↓↓↓下の写真は裏返した状態です↓↓↓
(余談ですが、私が学生の頃ちょっとだけ参加してたヘビメタのコピーバンドの名前も
 “魑魅魍魎”でした、メチャクチャでした。)
a0083871_0563039.jpg
ちなみにこれらのカボチャは鑑賞用の為、ほとんどの種類が食べれないそうです。

もちろん、今週のランチメニュー“サルシッチャとカボチャのリゾット”にも使用しておりませんので、ご安心下さい。
[PR]
# by n-buono | 2006-09-28 23:35 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
実るほど頭を垂れる稲穂かな
a0083871_8574068.jpg

青葉区内の田んぼで黄金色に輝く稲穂を見かけました。
たわわな穂が垂れるのを見て、『実るほど頭を垂れる稲穂かな』と言う言葉を思い出し、
『人として実ってない自分は、もっと謙虚な姿勢でいなければいけないな』と、日頃の自分を省みて、稲穂に頭を下げました。
a0083871_21442692.jpg

[PR]
# by n-buono | 2006-09-26 09:22 | 旬の食材&畑だより | Comments(0)
この秋お薦め! モレッティー・ビール
a0083871_14192725.jpg
すっかり秋めいて参りました今日この頃、今回はイタリアのビール『モレッティ・ピルスナー』と『モレッティー・ラ・ロッサ』の紹介です。

モレッティー社はヴェネツィアで1859年に創立されたイタリアで最も古い歴史を持ち、『ひげの老紳士』のトレードマークでイタリア全土で親しまれているビールメーカーです。

『モレッティー・ピルスナー』(写真右)は日本のイタリアン・レストランでも良く見掛ける為、ご存知の方も多いと思いますが、黒ビールタイプの『モレッティー・ラ・ロッサ』(写真左)はこの秋の限定輸入品で取扱い店も少ない為、今回特にお薦めです。

常温でも味わえるコクのある『ラ・ロッサ』は、今当店で人気の“黒イチジクの生ハム添え”や“ポルチーニ茸のピッツァ・ボスカイオラ(木こり風)”とも相性抜群です。
是非一度お試し下さい!!
[PR]
# by n-buono | 2006-09-25 10:16 | お薦めメニュー!! | Comments(2)
秋・冬野菜の種蒔き
この辺の農家では今、夏野菜の収穫も終わり、畑には土ばかりで野菜が見当たらない所も多く見られます。
季節の終わりと始まり、いわゆる“端境期(はざかいき)”と言われる時期です。
一見、「農家さんも一休みしてるのかな」と思ってしまうのですが、実はその逆で、夏果菜の方付けと秋・冬野菜の為の準備に負われて、どこの農家も毎日忙しそうです。

緑区の農家の畑に行くと、柔らかく慣らされたフカフカの土の上に緑のラインが引かれていました。
運動会の徒競走の線にも見えるそのラインは10日程前に種を蒔いた、水菜や小松菜などの野菜の芽でした。
(ちなみに下の写真の芽の左側にある丸いのは100円硬貨です)

この様にきれいなラインで種を蒔く為の農具として、それこそ、学校のグランドに白線を引く時の道具に似た『種蒔き権兵衛』というシャレた名前の農具があるのですが、これが結構優れ物なんです。(今度、『彼』もご紹介致します)

小松菜などの野菜は、1箇所に2~3粒ずつ種を蒔いて2~3つの芽に競争させ、ある程度、苗が大きくなった時に一番成育の良い一つだけを残して他の二つは間引いてしまうんです。
そうする事によって収穫する時には元気(品質)の良い野菜が出来上がると言う仕組みです。
良質な100把の小松菜を作る為に、200~300粒の種を蒔いて、
競争させてその中からより良い100把を選出している訳です。
農家さんも職人ですから、より良い物を生産する為に消費者の知り得ない所で、色々な工夫や手間を掛けているんです。

人間と一緒で野菜もライバルを作ることでより良く成長するんですね。
a0083871_162644.jpg
a0083871_16272216.jpg

[PR]
# by n-buono | 2006-09-23 16:28 | 旬の食材&畑だより | Comments(2)